頭痛について

頭痛について

忙しい毎日、ストレスが多い環境の中、頭痛で悩んでいる人はたくさんいます。日本人の頭痛もちは3000万人で、国民の4人に1人が頭痛で悩んでいることになります。そのほとんどが検査をしても異常が見つからない機能性頭痛です。

機能性頭痛のほとんどが普段の生活にあると言われています。頭痛のタイプが分かると解消法も見つかるかも知れません。
頭痛は一次性頭痛と二次性頭痛があります。機能性頭痛はこの一次性頭痛になります。
一次性頭痛の中には「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発性頭痛」「その他の頭痛」の4つのグループに大別できます。頭痛に悩んでいる約9割の方がこの一時性頭痛です。 脳出血や脳腫瘍など、何らかの疾患があるために二次的に起こる頭痛を二次性頭痛といいます。生命に関わることも多いので注意が必要です。
ここでは一次性頭痛について説明します。

偏頭痛

罹患率は日本人の約1割。偏頭痛は頻度の高い一時性頭痛で、とても辛い頭痛です。 病名から頭の片側だけが痛くなると思われがちですが、両側や全体が痛くなることもあります。ズキンズキンと脈打つ激しい痛みが比較的急に起りがちで、音や光に敏感になり、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。比較的女性に多く、ストレスから開放された週末に起こることが多くあります。

緊張型頭痛

頭痛の中でも最も一般的な頭痛です。7割以上の人が、一生に一度は緊張型頭痛を経験していると言われています。片頭痛と負けないくらい生活の質が阻害されます。
肩こりやふわふわしためまいを伴うことが多く、頭の両側がギューと締め付けられるような痛み・重苦しい鈍痛を感じることが多いです。後頭部や首筋にも痛みを感じます。

群発性頭痛

片頭痛や緊張型頭痛に比べると少ない頭痛ですが、頭痛の中で最も痛みの強い頭痛です。
1~2ヶ月間毎日ほぼ毎日決まった時間に起こり、痛みの時間は15分~180分ぐらい続きます。頭の片側に出るのが特徴です。目の奥がえぐられるような激痛や片目の充血・涙・鼻水などを伴うことがあります。頭痛が集中的に続くため生活に支障をきたすこともあります。


注意したい頭痛!

  • いつもとちがう頭痛
  • 痛みが急に強くなる
  • 発熱を伴う頭痛
  • けいれんを伴う
  • 今までにない頭痛
  • 痛みが次第に強くなる
  • 手足のしびれを伴う
  • 意識がもうろうとなる

上記のような症状の方は二次性頭痛の可能性があるため来院を避け、
すぐにお医者さんに相談してください。


原因突き止める!

「なぜ頭痛が出ているのか」「何が影響して頭痛が出ているのか」をしっかり見極めて治療を進めていきます。
闇雲に治療を行うと悪影響を及ぼします。治療は慎重に!

姿勢の悪さからくる頭痛(体の歪み)
体が歪むと頭痛になる確率が上がります。体のある部分が歪むとそれを補うようにバランスを取るため体はどんどん歪んでいきます。歪んだ背骨を支えるために筋肉は必死にバランスを取ろうとするので筋肉が疲労し筋肉のコリができます。このコリが血行不良を引き起こし頭痛の原因をつくります。また歪んだ頚椎(首の骨)からは頭に行く神経が出ています。特に頭との関連性が強い上部頚椎が歪むとその神経や血管を圧迫し頭痛を引き起こします。パソコン作業の増加やスマホの長時間の使用によって、ストレートネックになってしまい首の負担が大きくなります。これも要注意です。
自律神経の乱れ
自律神経が乱れる原因はさまざまですが、代表的なものはストレスと生活習慣の乱れです。人間はストレスを感じると体が固くなる習性があります。人は怒られると身構えて固くなります。これが自律神経の働きです。緊張した状態が続くと血管は収縮し、血液の流れの絶対量が減ります。血流が悪くなることで筋肉が硬直し頭痛が起こります。
眼精疲労
パソコンやスマホの見過ぎによる目の疲れは首の緊張に影響します。
特に頭痛に影響のある後頭部の下にある筋肉が異常な緊張状態になります。緊張状態が長く続くと頭への血流が阻害され頭痛の原因になります。
血行不良(冷え)
体内の血行が悪いと体のあらゆるところに不調が起こります。血行不良で代表的なのが肩こりです。血行不良になると酸素が全身にうまく行き渡らなくなります。この状態で筋肉に負担をかけると益々筋肉が緊張します。首の筋肉が過度に緊張すると、頭部への血流が妨げられ頭痛が起こります。

頭痛もちの方は要注意!

睡眠不足
寝不足になると脳は血流が低下します。これは脳を保護するために活動を低下させようとする体の反応によるものです。脳に疲労がたまっている状態で起きてしまうと、脳はなるべく活動しないように働きを低下させるのです。脳の疲労が完全に回復するまでしっかり寝るようにしましょう。しかし寝過ぎも要注意です。寝過ぎると血行が悪くなり脳内にセロトニンが多く放出され、血管が弛緩します。弛緩した血管は大きく拡がり神経を刺激することで頭痛が起こります。

気候の変化
気候の一番の原因は気圧の変化です。特に天候が崩れて気圧が下がると、外気の圧力が弱まって、体に対する圧力も下がり身体を少し膨らんだ状態になります。高い山に登るとポテトチップスの袋がパンパンに膨れることがあります。それと同じ現象です。その結果、血管やリンパ管も拡がり神経を刺激してしますのが原因です。
また気候の変化にも頭痛は影響します。本来、身体には気候の変化に対応できるようある程度のデータが体内にインプットされています。(例えば「夏は暑く冬は寒い」のように)しかしこの常識が崩れると自律神経が乱れ生じてしまい頭痛として現れます。
生理痛
女性の頭痛の原因として意外と多いのが月経時の頭痛です。
生理痛の頭痛の原因は女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少することで、 脳内にあるセロトニン(幸せホルモン)に大きく影響します。セロトニンが減ると脳内の血管が拡張して頭痛になり、また感情的になったり集中力が途切れたりします。
エストロゲンが大きく減少する生理2日前から3日頃までが頭痛が起きやすくなります。

二日酔い
アルコールを分解する過程でアセルアルデヒドという成分が生成されることによって頭痛が引き起こされると言われています。アセルアルデヒドは通常は肝臓で分解され体外に排出されます。しかし飲み過ぎるとアルコールを分解できる量を超えアセルアルデヒドが体内に残ってしまいます。この物質は強い毒性があり、この物質を含んだ血管は多くの酸素を取り入れようとします。それによって血管は拡がり周りの神経を刺激してしまうため頭痛が起こるのです。

ストレス
ストレスが原因で起こる頭痛は緊張型頭痛が多く、精神的ストレスと肉体的ストレス に分かれます。その原因はストレスホルモン(副腎皮質ホルモン)と自律神経の乱れがあります。ストレスがかかるとストレスホルモンが働き脳の血圧上昇に血管にストレスがかかります。自律神経もストレスがかかると交感神経(緊張系の神経)が活発になり頭部の筋肉が緊張し頭を締め付けるため頭痛が起こります。